顔の変化を楽しむコツ

医者

脂肪溶解注射やボトックス注射など、施術の内容によって料金は変わるので、予算に合わせて小顔になる方法を選んでみてください。手術後は医師の指示通りに行動をしていれば、傷口を保護しながら安全に顔立ちをスリムにできます。

詳しく見る

理想のフェイスライン

女性

顔が大きく見えるのは皮下脂肪や肌のたるみ・むくみ、骨格や筋肉などさまざまな原因があります。美容クリニックでは小顔になる方法として脂肪吸引や脂肪溶解注射、レーザー照射やボトックス注射などの施術を受けられます。

詳しく見る

アフターケアが大切

看護師

美容整形の小顔になる方法も色々な種類がありますが、いずれの施術を受けた場合もアフターケアはきちんと行うことが大事です。運動や飲酒など血行を良くする行為は腫れや痛みを強くする傾向にあります。施術直後は安静に過ごしておくことがおすすめです。

詳しく見る

腫れや内出血が少ない施術

女性

すっきりとしたフェイスラインになりたい人は、美容外科のクリニックを受診するとボトックス注射や、脂肪溶解注射などの小顔になる方法を提案してくれます。頬や顎などの脂肪が気になっていたり、エラの筋肉が発達したりしている人はまずは診察を受けましょう。

詳しく見る

印象の良さが大違い

カウンセリング

鼻を含めて小さくできる

10代の頃は顔が大きく見える事は無かったのに、20代を迎えてから少しずつ顔が変化して、顔の大きさがコンプレックスになってしまう人も少なくないです。大人になっても人間の顔は変化していくもので、昔のように小顔に戻りたいと考える方々が、小顔になる方法を探しているうちに美容整形に興味を持つようになります。大掛かりな手術を受けなくても、小規模の手術でも十分に顔の印象を変えられるのも、美容整形クリニックが人気のある理由です。アゴのラインの骨を少し削ってから、鼻の先端を細くしてもらうだけでも、スリムな顔立ちに見せる事ができます。小規模の美容整形にかかる費用はとても安いので、金銭的負担を気にせずに顔の印象を変えられるという点でも、プチ整形は話題となりました。ボトックス注射などの傷跡がまったく目立たない、小顔になる方法を選択できるようになったのも、小顔整形を受ける人が増えている理由です。顔のエラなどを削るわけではなく、少しずつ筋肉を縮小させていく手術法だからこそ、ダイエットで顔が痩せたように思わせる事ができます。整形手術を受けた事が周囲にバレにくいプチ整形は、後から修正手術がやりやすいのもメリットの一つで、好みの形の顔立ちを作り出せます。顔の骨格は人によって大きく違うもので、顔のエラの骨だけが出っ張っているせいで、顔が大きく見えてしまう日本人も珍しくありません。その骨格が気に入らないのであれば、我慢したまま毎日を過ごすような事はせずに、美容整形クリニックで小顔になる方法を探してみる事を推奨します。顔のエラを削る整形手術は安全性が高くて、骨を削った後にもアゴの筋力が弱らずに、以前のように食べ物を噛む事が可能です。傷跡が目立ちにくい位置から皮膚を切開して、そこから顔のエラを削る事ができるので、周囲に傷跡が見られにくいのも大きなメリットだと言えます。顔の皮膚に細い糸を通す事で顔立ちを整える、リフトアップと呼ばれる施術も安全性が高いですし、後から糸の通し方を変える事ができるのも魅力です。少しずつ顔の形を微調整する事によって、芸能人のように整った顔立ちを整える事もできたりと、リフトアップは小顔になる方法として理想的だと話題になりました。顔の皮膚に通す糸はとても細いので、手術が終わった後も顔に違和感を覚えずに、快適に毎日を過ごす事ができます。メンテナンスに大きな手間をかける事にもならないので、プチ整形はアフターケアまで気軽に行ってもらえるという点でも好評です。