理想のフェイスライン

女性

大きく見える原因は

顔が大きい人は舞台の上などでは見栄えがするため、必ずしも不美人というわけではありませんが、一般には顔が小さいほど良いプロポーションとされています。実際には顔が小さくても、背が低かったり極度に痩せていたりすると顔が大きく見えることがあります。そのため小顔になる方法を見つけるには、体との釣り合いを考えることも重要です。また顔の左右のバランスに歪みがあると、不自然さが目立ってしまい顔の大きさが強調される恐れがあります。小顔になる方法は原因によって違うので、まずは自分のタイプを把握する必要があります。皮下脂肪がつきすぎている場合は、ダイエットで落とすことが第一の対策になります。顔のバランスが歪んでいる場合は、整体などで矯正すると小顔に見えることがあります。加齢によって肌のたるみが出ているときは、エステサロンのマッサージなどで改善することが可能でしょう。顔がむくんで大きく見えるときは、余計な水分を追い出せば小さくなるので、やはりエステや整体が効果的と考えられます。これらの小顔術は効果が現れるまでに一定の時間がかかり、かなりの個人差も出てきます。なかなか成果が上がらないときは、美容整形を取り入れるのもひとつの方法です。顔が大きく見える原因に応じて、美容整形で小顔になる方法にも多様な種類があります。本当の意味で顔を小さくするために、頬骨や顎の骨を削ることができます。入院して手術を行うことになりますが、確実に小顔効果を得られる方法と言えるでしょう。ごく一部の骨を削るだけでも、バランスが整うことでスッキリした顔に見せられるのが特徴です。顔についた脂肪はダイエットしても落としにくいものですが、美容クリニックで脂肪吸引や脂肪溶解注射を受けるという方法があります。努力しないでも自然に脂肪が落ちていくため、部分痩せには最適な施術です。また皮膚のたるみやむくみで顔が大きく見えている場合には、高周波やレーザーを照射して肌を引き締める施術が受けられます。凹んでしまった部分にヒアルロン酸を注入すれば、顔全体のバランスを整えることができます。加齢による肌の悩みも解消できるため、美容整形でも人気メニューになっています。ボトックス注射で筋肉の緊張を緩めるのも、手術せずに小顔になる方法のひとつです。顎の付け根の筋肉が発達していると、エラが張り出して顔が大きく見えてしまいます。この部分にボトックスを注入すれば、エラが次第に目立たなくなり顔が小さくなるという仕組みです。